ターンオーバーの改善が治す近道

長期的な視点でのケアが必要

ニキビ跡はすぐには治りません。

なぜなら目に見えている以上に奥までダメージが及んでいるからです。

このダメージを回復させるにはターンオーバーを待つことが必要です。

ターンオーバーというのは、肌が生まれてから剥がれ落ちるまでのサイクルのことですね。

ターンオーバーによってダメージを受けた肌細胞を新しく生まれ変わらせる必要があるわけです。

しかし、ニキビの炎症などによって肌がダメージを受けてしまうと、新しく肌を作る作業も健康な肌よりも遅くなってしまうため、ターンオーバーのサイクルが乱れてしまうのです。

キレイにニキビ跡を治すためには、ターンオーバーが正常になるように半年は頑張ってケアを継続しましょう。

どうしても気になるという方は、跡を刺激しないように隠す技を身に付けるほうが、早く治そうとして無理をするよりも効果的です。

ターンオーバーを整えるケア

ニキビができないように予防することが第一ですが、できてしまったものは仕方ないです。

それをいかに早く跡を消していくかになります。

ニキビ跡は、シミとは違えどお肌の色素沈着です。

色素沈着は、お肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が正常な日数だと消えていくのが早いです。

ニキビができるということは、お肌の水分量が足りなかったり、お肌の細胞が老化していたり、なにかお肌のなかで異常な事態が起きているのが原因です。

それらの解決に一番簡単対処できる方法が、しっかりクレンジング、ウォッシングをしてあげること。

あとはしっかりと保湿をしてあげることです。

保湿をきちんとすることで、ターンオーバーの日数は正常に近いものになっていきます。

化粧水をたっぷり、もちろんコットンをきちんと使ってあげていつも以上にスキンケアに力を入れてあげるとニキビ跡は消えるのが早いです。

そして、予防にも繋がります。あと、ビタミンも美白効果が高いので、ビタミンC入りの美容液などを使ってあげるのも効果的です。

生活習慣の改善も大事

しっかり睡眠をとる、栄養バランスのよい食事をとる、ということも大切です。

ダイエットのために栄養まで削ってしまうとニキビ跡の回復が遅くなりますので注意しまょう。

お菓子の食べ過ぎなどもよくありません。

当たり前ですが、ターンオーバーによって健康な肌を作り出すためには栄養素が欠かせません。

また、ターンオーバーは夜眠っている時に行われるため、ある程度の睡眠時間と質の良い睡眠が必要不可欠なのです。

魔法のように即効でニキビ跡を消す方法はありませんので、時間が必要であることを理解しましょう。

クリニックなど、プロの力を借りても半年などある程度の期間はかかります。

諦めずに、継続してお手入れをすることが大事です。

ページのトップへ戻る / サイトマップ