ニキビ跡にはビタミンC誘導体!

イオン導入が効果的

20代半ばにストレスのせいか顎、首に大きめのニキビが急にできたことがありました。

職場近くで評判の皮膚科に行き、ビタミンCとチョコラと塗り薬を処方してもらい、ニキビができにくい状態にしました。

ある程度ニキビができなくなったところで、ニキビ跡が残らないように同じ皮膚科でイオン導入を週に1回行いました。

イオン導入はビタミンCを含ませたガーゼのようなものをローラー式の機械につけて、ニキビがあったところに当ててコロコロと転がすというものでした。

イオン導入をすることにより、ビタミンCの吸収が早くなり、シミやニキビ跡をできにくくする効果があるそうです。

実際、ニキビ跡は残りませんでした。また家でのケアは、ビタミンCが多く含まれている化粧水をたっぷり使い、ニキビケア用の化粧品を皮膚科で勧めてもらい、メイク落しや洗顔料、化粧水、乳液などをすべて買い換えました。

その甲斐あって、2,3ヶ月でニキビはできにくくなり、跡も残らず、今でもそのままの状態を保っています。早めにケアして良かったと思います。

自宅でのケアならメラノCC

ニキビ跡にも色々種類がありますが、色素が沈着したタイプのニキビ跡を自宅でケアするときに効果的なコスメとしてメンソレータムのメラノCC(シミ集中対策美容液)があります。

年齢を重ねるにつれニキビができると跡が残りがちになります。

跡になるとなかなか消えない。なのでできれば跡が残ってしまう前にも使用するのがベストです。

このコスメのいいところは、ビタミンCで色素沈着を薄くしていくのはもちろん、できているニキビや、ニキビのできそうなところにも効くところです。

美容液のような軽いテクスチャーなので、顔全体に塗ることもできるし、ニキビや跡にピンポイントに塗ることもできます。

ニキビができるかもしれない思うところに塗っておくと膿などが飛び出すことなく治りますし、もしニキビになってしまっても跡になりにくいことが多いです。

薄い跡であれば結構早く消えてくれます。

もう5本くらいリピートしていますが、ニキビ肌の私にとっては持っているだけで安心できる存在です。

薬局で1000円くらいで売っているので、1本手元にあるといざというときに助かります。

ページのトップへ戻る / サイトマップ